針灸 漢方 漢方美容 美肌 腸活

腎虚(じんきょ)

腎虚は全世界の人共通のテーマです

腎虚は腎臓のこと? 解説します!

「腎虚(じんきょ)」って言われたことありますか?
私は腎臓が悪いのでしょうか?

 

実は、昨今の事件・事故・天災などのほか、「新型コロナウイルス」に関わる様々な「不安」「恐怖」と、とても関連の深い「腎虚」。
「腎虚」を改善する治療法ー補腎(ほじん)法ーで、丈夫な心身を取り戻すことが出来るのです。

 

漢方の先生やはりきゅうの先生に脈を診てもらい、「腎臓が弱い」と言われたことがありますか?
実は「腎虚」は全ての人に関係があります。


腎虚(じんきょ)って何?

腎虚は腎臓のこと? 解説します!

漢方独自の理論である「五行説」と「虚実」の組み合わせでとらえた身体の状態で、言わば『泌尿器・生殖器と脳の機能低下の状態』の事です。

 


腎虚は「五行説」と「虚実」の組み合わせ

五行色代表三健堂バージョン

 

「腎虚(じんきょ)」とは、五行説の「腎のグループが弱い」という意味です。

 

「腎虚(じんきょ)」の「腎」は、「五行説」の「腎(水)のグループ」のことを言います。
五行説は、「人間の身体と心と大自然の関連性の法則」 で、紀元前5世紀に芽生え、紀元前2世紀には医療に活用していたとらえ方です。
(腎のグループは、五行色代表の最下部の灰色で色が塗ってある部分です。)
この五行色代表は、主に漢方相談によく使われる項目を抜粋して載せたものです。さらに灰色の部分だけ飛び出ていますが、これは三健堂で必要だと判断して付け加えた部分です。ほかにも食べ物もありますので、五行説は薬膳にも使われます。

 

この腎のグループは@老化現象が出やすいグループ A西洋医学ならいくつもの診療科にまたがっていますが、五行説ではひとつのグループにまとめて捉えています。


五行色代表三健堂バージョン

「虚実(きょじつ)」とは、全てのものの「強弱」「多少」の判断基準です。

 

コップのお水に例えると、「喉が渇いたんで、お水を一杯もらえますか?」と頼んで、出てくるお水の量をイメージして下さい。これが「平(へい)」です。
ちょうど良い量です。漢方の健康観は「バランス」なので、ちょうど良い量である「平」が理想的な状態と言われています。

 

それよりも少ないのが「虚(きょ)」、多すぎる状態が「実(じつ)」と言って、どちらも異常な状態です。

 

従って「腎虚」とは、「腎のグループ全体が弱っている状態」を言います。

 

では、腎虚になると、どんな症状が出やすくなるのでしょうか?


トップへ戻る